海外のオークション

海外のオークション{ヤフーオークション攻略ブログ}

インターネットの特性は世界とつながっているということです。電
話を海外にカケレバ物凄い額の電話料金がかかりますがネットであ
ればプロバイダーの料金だけで済みますし、連絡手段であるメール
も無料でやりとりができます。また、言葉が解からなくても翻訳ソ
フトを使うことにより理解することができます。ですから日本のオークションにこだわらず海外のオークションに参加することも大変な収益となるのです。例えば、日本で人気のダイエット商品やビタミン剤などは安く手に入り、日本で高く売ることができます。海外のサイトでショップを探すよりオークションで商品を探すほうが簡単です。海外のオークション出店ショップは海外配送に慣れているので安心できます。また、配送をしてくれない場合でも輸入代行会社に転送を依頼すればいいのです。料金の支払いはクレジットカードを使用すればたとえ事故で商品が届かない場合は料金を返却するというチャージバック(料金をもどす)が国際的なルールとしてあるので安心です。買うだけではなく積極的に日本の商品を売ることもオススメします。難しいといわず慣れれば簡単です。逆にやっている人が少ないほど有利といえます。ヤフーオークションに慣れていればダイダイどこの国や種類のオークションに対応することができるでしょう。eBay(http://www.ebay.com/)などは日本語のサイトのサービスを行っていましたが昨年日本語のサイトは運営を終了して
しまったようです。eBay自体は宇宙船の破片が出品されるなどなにかと話題をよんでいます。商品も個人で購入する程度であれば輸入と違い大きな関税がかかりません。送料も2500円ぐらいでアメリカやイタリア、フランスから5日ぐらいで届きます。日本で有名なショップなどはほとんどこの方法を使っています。はっきり言って慣れれば誰にでもできます。売れている商品を見つけて、価格比較サイトなどを利用して安く手に入れてください。

海外のオークション

買い付けアルバイト{ヤフーオークション攻略ブログ}

相変わらず、プレミアム・プライス(日本正規販売価格以上での販売)がまかり通るルイヴィトン、エルメス、シャネルなどの超高級ブランドのアイテム。どうしてこんなに高くなってしまうのかご存知ですか?
一部の業者を除くほとんどの販売業者は、ヨーロッパでアルバイトを
雇って品物をかき集めています。買った人にアルバイト代を払って、
買子を組織しているボス(中にはアブない組織と繋がりがあるとい
うウワサも…)がたんまり儲けた上で日本に出荷する、それらのマ
ージンをすべてお客さんが負担させられているわけです。パリのブ
ランド・ブティックの店員さんは愛想が悪いなどといった話は良く
聞かれる話です。こういった買付け部隊が砂糖に群がる蟻さながら
に毎日のように大挙して押しかけて来ると、余程人間のできた店員
さんだったとしても、ホトホト嫌になるのは想像にするまでも無い
事です。また、本当にそのブランドが好きで買物に訪れているお客
さんにとってもおおいに迷惑なことだと言えるでしょう。もちろん、
そういった組織の攻撃(?)に対してブランド・ブティックもムザ
ムザと手をこまねいている訳ではなく、たとえばルイヴィトンの場
合は、自衛策として一人のお客さんにはバッグは1つしか販売しま
せんし、400ユーロを超える買物では絶対に現金は受け取りません。
私も、ルイヴィトンの店の前で、中国人らしきオバチャン(ルイヴ
ィトン
などとは縁の無さそうな身なりをしている!)に英語で声を掛けられて、現金を渡すからカードで買物をしてくれないか、といった相談を受けた事があります。日本のアルバイト雑誌にもこれらの買い付けに関しての記載を見かけますし、パリで発行されているア
ルバイト雑誌にも驚くことに記載されているのです。しかし、安全
な業者と契約できれば安く、海外旅行をすることができます。格安旅券
国内格安航空券

海外のオークション

大使館{ヤフーオークション攻略ブログ}

日本には数多くの国の大使館があります。大使館といえば、その国の政府的な役割をしていて、亡命や出入国、日本で犯罪を犯してしまった人への対処などが一般に広く知られています。大使館なんて自分には関係のない所と考えてしまいがちです。例え、フランスやイタリアの製品に興味があるという人でも、雑誌やインターネットで商品を探そうとする人がほとんどで、大使館なんて商売とは無縁だと思っている人もいると思いますが実は違うのです。大使館は外交だけではなく、貿易も大切な役目なのです。
自分の国の産業や商品を日本に紹介して、自分の国の企業と日本の企業との仲介役となることも重要な役割なのです。各国の大使館に行くと、その国の企業で日本と取引がしたい企業を紹介したり、どのように貿易の相手を見つけたらいいかなどの情報をくれます。どこの国でも、貿易課のような部署があります。相談すれば、いろいろと親切に教えてくれるでしょう。
また、実際に取引をする際も大使館が間に入っているので安心です。
また、日本で行われている見本市は大使館が主催するものが多いので、見本市の開催日程などを知りたいときは大使館に連絡をとってください。
世界でもっとも見本市を開催するといわれるドイツも日本で積極的に見本市を開催しています。各国の見本市に参加すること大変役に立つと思います。
大使館以外にも、各国の貿易や輸入の振興団体がありますが、これらも大使館が窓口になってくれます。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。