ショッピングモール

ショッピングモール 楽天市場

普通、自分でお店を開店しようと思えば、まず商品を売るスペースを確保し、商品をある程度確保し、従業員を雇ったりと資金や労力を必要とします。しかし、インターネットが普及した現在は、ヤフーオークションなどを使って、気軽に自分の売りたい物をうることができます。日本中、24時間いつでも商品を売ったり、買ったりできるようになり大変便利になりました。
私も、本屋さんで、たまたま見つけた本がきっかけでインターネットで商売をはじめようと思いました。最初はオークションは利用せずに自分でホームページを作成して物を売ろうとしました。ホームページビルダーを使い、自分なりに綺麗なページを作成したつもりなのですが、まったく売れませんでした。なにが問題なのか、調べた結果ほとんどアクセスがありませんでした。例えば、エルメスバーキンが欲しい人がバーキンと検索エンジンで検索すると何万件というページがヒットします。
例え自分の作ったページがヒットしていても何万件目では人は
みてくれません。ある調査では、検索エンジンがヒットしたペ
ージの3ページ目ぐらいまでしか見ない人が7割ぐらいという
調査結果があります。いかに、綺麗なページで値段が安くても
誰もみてくれないようでは商売になりません。また、ヤフーなどの検索エンジンの検索順位を上げる方法(SEO)もありますが、大変な額を
毎月SEOの会社に支払はなければなりません。大企業の法人ならともかく個人では、まったく採算が合いません。自分でページを作って販売することしか頭になかった私は何度もページを作り直し、独学のSEOで頑張りましたがまったく売れませんでした。
そんな時、楽天の出店のページにふと辿りつきました。楽天に出店しているショップは仕入れ先もあり、ちゃんとした実店舗を持った人たちの集まりと思っていたので、自分には縁のないところだと思っていました。ですが、楽天のシステム説明などを読んでいると大変すばらしいシステムであると思いました。
ネットで物を売るには、これぐらいのシステムが必要だと解かりました。そして、楽天に資料請求をしてみました。とにかくネットで物を売りたい、今までの努力を無駄にしたくないという気持ちでした。資料のパンフレットが届き、見ていると大変成功した人たちの体験談が掲載されていました。そして、成功している人たちが、私と同じく自分のホームページではまったく売り上げがないので、楽天に出店して、そして成功したという内容が掲載されていました。これを読み私も楽天への出店を決意いたしました。パンフレットに担当者の名刺が入っていたので電話をしてみると簡単に出店させてくれるようでした。しかし法人でなければならないということで合資会社を設立してくれと言われました。商売の経験がまったくないにもかかわらず楽天に出店、そして法人設立と今から思えばまったく無謀な挑戦でした。大学は経済学部でしたが、経済は大まかなことで実際の商売はもっと単純で、安く仕入れて、高く売ることだと思います。そして、問屋さんを調べて探しまわりました。私は東京に住んでいますので、東京の問屋街である日本橋や浅草、横山町などに行きました。問屋など1度も行ったことなく何をどう交渉したらいいかも解かりませんでした。ひたすら、いい商品を見つけようとしましたが、なかなか見つかりませんでした。問屋といっても、人気のブランド品や売れ筋商品などの問屋などなかなかないのが現状でした。その時見つけたのが蔵前にある玩具問屋の「三ツ星」でした。人気のプラモデルやキャラクターグッズが定価の65%で売られています。この問屋で仕入れたプラモデ
ルなので、楽天に玩具店として出店いたしました。最初の日のアクセス数を見て驚きました。600近いアクセスがあったのです。
(家電を販売していた時は、1日平均1万2千アクセスありました)
今まで、誰もページを見てくれないことに悩んでいたのに、たくさ
んの人に見てもらえたと嬉しかったのを憶えています。玩具はある程度売れたのですが、1個売った利益が少ない為、自分が思い描いたものとは違いました。しかし、この期間にも仕入れ先を探し続けていました。そして、秋葉原の裏通りに点在する家電の現金問屋の存在を知りました。安売りを自負する大手量販店よりもかなり安い価格で売られているのに驚きました。そして、人気のデジカメを購入して楽天のページで販売したところ、その日の深夜に購入していただけました。玩具の利益とちがい、デジカメ1個売っての利益は7000円ぐらいありました。そして、楽天の店舗ジャンルも玩具から電化製品へと変更いたしました。まさか、自分が日本最大のネットモールの楽天で電化製品を販売するとは思いませんでした。
楽天では毎月5万円の出店料が係ります。5万円というと高いと思われる方もいらっしゃると思いますが、楽天に出店すれば必ず人に見てもらえます。自分でページを作成して、SEOの会社に頼めばひと月、100万ぐらいかかるところもあるぐらいです。実店舗を持とうと思えば、5万円では不可能です。5万円で全国からの絶え間ないアクセスと楽天の店舗であるという信頼を得ることができるのです。いくら、綺麗なページで安く商品を販売したとしても信用されなければ商品は売れません。私は、ワンルームマンションで1人で初めました。他の店舗さんは実店舗もあり、従業員もたくさんいるという大型の店舗です。普通なら私は相手にされないのですが、楽天ではページでの販売ですから、私がどんな環境で商売をしているかなどということは相手にわからないのです。他の店舗さんはメーカと契約していますので、あまり安くなりません。しかし、私は現金問屋から買っているので、他の店より同じ商品でも2万円ぐらい安くできました。ただ、まとまった在庫を持つことはできないのが弱点でした。それと、資金がないのでクレジット決済に応じることができませんでした。家電は価格が高いので分割払いでお客様は買いたいのですが、それに答えることができませんでした。また、代引きにも応えられませんでした。仮にパソコンが3台売れたとすると70万ぐらい必要になります。毎日売っていると何千万という資金が必要になります。これらに対応できれば、もっと売り上げを伸ばすことができたのですが、私には無理でした。それでも銀行振り込みだけで、現金先払いでも商品を売ることができたのは楽天の信用と集客力だと思います。玩具の時の売り上げは月平均5万円ぐらいで出店料をはらうとチャラになってしまう状況でた。しかし、家電に変えてからは利益がひと月、100万ほど出るようになりました。楽天の家電では価格競争があるので、他の問屋系の店舗にはかないませんでしたが、その店が在庫がない時などはよく売れました。
1個売って、1万から3万ぐらい利益の出るパソコンは売っていて楽しいのひと言でした。しかし、売れる時と売れない時の差があり、また、ヤフーオークションでも落札手数料が取られるように、楽天でも落札手数料が係ります。パソコン1台売って、5000円ぐらい係ります。
確かに、楽天のお陰で人並みの生活ができるようになりましたがもっと幅広く、自分本位の商売がしたいと思うようになりました。楽天はECコンサルタントが各店舗についているので、お客様への対応にすごく厳しいのです。お客様が、この店は態度が悪いと楽天に連絡するとすぐにECコンサルタントから電話がカカッテきたりします。私も自由な時間が作れずに精神的に疲れてきてしまいました。
ネットショッピングではお客様との対話がないと思われるかもしれ
ませんが、電話やメールがよく来ます。また、ヤフーのようにお店を評価するため、電話やメールの対応もおろそかにできません。
毎日のように行うページ編集(楽天のページ機能は多機能ですごい!)
同業者などからの在庫の確認電話、お客様からのメールでの問い合わせなどの対応、注文が入った時の商品の確保など(なかなか見つからない時は大変でした)で自分の時間がありませんでした。ネットのショップで1番売り上げとアクセスがあるのは夜ですから、昼は主に同業者への対応、夜は一般のお客への対応という感じでした。
また、最初は対応のよかった問屋さんも私が再販業者であることがわかるにつれて、あまり商品を売ってくれなくなってきました。
そして、この頃から楽天だけではなく、ヤフーオークションでも商品を売ることにしました。オークションですので楽天よりは利益が出ないのですが、時間が作れるようになり、家電だけではなく様々な商品を売ることができるので、当然儲けも増えてきました。ここで、私は今までお世話になった楽天から一旦退店することにしました。別に、楽天がダメということではなく、その時の私の状況に合ってなかったということです。楽天では何がネットショップで売れるか、どのようなプロセスで販売するかなど大変勉強させていただきました。そして、その経験や知識をオークションで生かそうと考えたのでした。そして、システム会社から直接パソコンを買い取るルートを開拓し、また、海外のブランドショップの並行輸入、海外のサイトから商品を購入して、オークションに出品する方法に切り替えました。以前よりも時間に余裕ができ、利益も上がりました。
しかし、私は、また楽天に出店する計画を立てています。今度は事務
所を構えて、従業員も雇っての出店を考えています。大規模で商売を
するなら、楽天のほうがふさわしいと思っています。ヤフーもショッ
ピングモールとして本格的に運営を行うようですが、やはり現時点で
は楽天市場が日本で1番だと思います。ポイント制やアフェイリトなどの導入によりますます発展していくと思います。楽天の集客力、信用サーバーの強さなど大変すばらしいと思います。メール配信機能プレゼント、オークション、共同購入など、今思えば素晴らしい機能だと思います。楽天のアクセス数はすごいので、検索エンジンで検索語句で商品名を入力すると楽天のショップが上位に表示されます。
楽天に出店すれば楽天経由のお客と外部からのお客の両方を獲得する
ことができるのです。また、インフォシークやライコス、携帯電話の
検索エンジンを買収しているので、これらの検索エンジンでショッピ
ングをクリックすると楽天に飛ぶようになっています。メールの配信数などを総合して考えると、ショッピングだけでこれだけのアクセス数はすごいのひと言です。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=15UT9X+9KQ01E+5WS+C2103 楽天市場出店

ショッピングモール

アウトレット・モール{ヤフーオークション攻略ブログ}

ブランド販売として、個人的にも絶対チェックの場所といえば
「アウトレット・モール」。ただ、「アウトレット・モール」とい
うと、その発祥(?)がアメリカと思ってしまうような意識がある
せいか、ヨーロッパで「アウトレット」といってもイマいちピンと
きません。しかし日本でも吹き荒れたアウトレット旋風は、やっぱ
りヨーロッパでも吹いていて、パリの郊外に「ラ・ヴァレ
(La Vallee」という超巨大アウトレット・モールがあります。
一般的にアウトレットといえば、昨シーズン以前のアイテムや、
ちょっぴり難有りの品物が 30?60%引きで販売されているのが通常
ですが、最近ではリリース直後間もないモノや、別注モノなんか
(特にNIKE!)も涼しい顔して混じっていたりするので、コレは
チェックしないで見逃すテはありません。この「ラ・ヴァレ(La Vallee」、出来てから日が浅いので、まだまだ出店しているブランドも決して多いとは言えませんが、現在40店、そして最終的には77件のお店がオープンする予定になっています。訪れた時にも、ランセルやカンペール、ラルフローレンといったお店の近日オープンの看板が上がっていました。 値段のリーズナブルさや、掘り出し物がゲット出来るカモ?というのは、もちろん言うまでも無い事ですが恐らく旅行者にとって一番ありがたい点が日曜日も開いていること。
パリ市内では日曜日は、一部のおみやげ屋サンを除いては、すべての
お店が閉まっていますので、そう言った意味でも “使えるスポット”
と言えそうです。前述の通り、これからお店がドンドンオープンする
予定ですので「ヴァル・ド・ヨーロップ(Val d'Europe)」と合わせて、気おつけておきたいスポットになるかもですね。
また、たまに見かける工場横流し品というものがありますが
「工場横流し品」とは、正規代理店を通さず製造工場から不正に出荷
された商品のことを指します。代理店を通さないため、粗利を多く取
ることが出来るので比較的安い値段で販売されているようです。
素材という点で見れば本物ではありますが、ブランドの商標や知的財
産権を侵害した立派な違法商品であり、法的に偽物となります。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。